矯正・歯並び歯列矯正・マウスピース矯正で歯並びを改善・自宅でできる矯正



|| 差し歯・審美歯科 ||
 




 審美歯科


審美歯科の治療前 審美治療前の状態。
プラスチックの差し歯が入っていました。審美性が悪く変色もしています。
審美歯科の治療後 治療後の状態。
審美性に優れたオールセラミックの差し歯。金属アレルギーや歯茎が黒くなる心配がありません。
テトラサイクリンの審美歯科 テトラサイクリンの審美治療。ラミネートベニアで審美回復しました。美しくなります。


審美歯科とは、簡単に言うと『歯』を美しくするという意味です。
最も新しい考え方では、歯そのものの美しさだけではなく、口元の印象を決めるスマイルラインやEライン、歯ぐきの色や健康状態などを含めた総合的な美しさのことを言います。単に歯を白くするだけではなく、歯並びや歯茎の状態などもトータルで考えて美しくする必要があると思います。

     スマイルライン・・笑ったときの上の歯の縁を線で結んだライン
                  笑顔の印象を決めます。

      Eライン・・・・・横顔を向いたときの鼻の頭とアゴの先を結んだライン
                  横顔の印象を決めます。



差し歯・詰め物の素材について
審美歯科は、虫歯や銀歯、入れ歯などを白い歯に作り変えることを中心に行われています。ところが単に白い歯にしただけでは、時間の経過と共に変色したり、歯茎が黒ずんだりするなど、審美的に不都合な現象が出ることがあります。

黒い歯茎の原因は、金属によるものが大半です。口の中の金属が唾液により溶解され、歯茎や周囲の色を黒くしてしまうのです。また、溶け出した金属のイオンはアレルギー反応を引き起こすことがあります。「金属アレルギー」です。「金属アレルギー」は一度症状が出てしまいますと改善は難しく、深刻です。

現在の審美歯科では、これらの現象を防止でき、色調も大変美しい素材が用いられるようになりました。オールセラミックが代表的なものです。
最も新しい差し歯では、歯の根元部分に「グラスファイバー」を使用し、全く金属を使わずに治療するところまで進んでいます。



審美歯科でのセラミック冠や差し歯の治療
当クリニックは金属を全く使用しないオールセラミックによる治療を行なっております。現在のセラミックス素材の中で最も美しい「エンプレスU」を使用しておりますので、安全性、審美性にもご満足いただけることと思います。土台からご希望の方には「グラスファイバー」を使用します。

審美歯科の差し歯(エンプレス) 審美歯科の差し歯(エンプレス)
当医院の審美歯科で取り扱う美しいオールセラミック。
 光を通すエンプレスUを使用。金属アレルギーの心配がありません。
審美歯科の差し歯(メタルボンド) 審美歯科の差し歯(メタルボンド)
従来のメタルボンドセラミックス。
 耐久性は十分ですが、金属部分が変色の原因となることがあります。
審美歯科の差し歯(グラスファイバー)
オールセラミックスとの相性の良いグラスファイバーの土台。
 光が良く透過し透明感があります。差し歯用の土台に優れた素材。
 金属アレルギーや黒い歯茎の心配がありません。
 新しい審美歯科では体に負担をかけない新素材を用いています。


歯列矯正
審美歯科の代表的なものに矯正治療があります。従来の歯列矯正は「金具が目立つ」「金属アレルギーが出る」などの不快要素がありました。最近では、目立たないワイヤーを使用したり、金具部分を樹脂やセラミック素材にしたり、表面からは見えない技法で取り組む方法が開発されたりと、不快要素が軽減されました。

その他
新しい審美歯科の治療方法として「ラミネート法」があります。
主に前歯の隙間、いわゆるすきっ歯の治療に用いられます。これまでの治療は「差し歯」による治療が主流でしたが、ラミネート法により、神経を痛めることなく治すことが可能です。差し歯による治療に比べ、やや耐久性に難点はありますが、簡単に短時間で治療が行なわれるため、負担が軽減されます。




当クリニックではスマイルラインを美しくする治療方法をご用意しております。

お聞きになりたい質問事項や現在の状態での簡単な見積もりをご希望の方はご連絡ください。





←戻る ▲TOP 次 →



お問い合わせ|クリニック案内
東京都港区麻布十番|03−3451−0840
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。

歯列矯正・部分矯正審美歯科|白宝デンタルクリニック
インプラント麻布十番審美歯科情報サイト入れ歯・精密義歯
Copyright Hakuho.Dental Clinic All Rights Reserved.